肩こり百科

  肩こり百科ホーム 緊張型頭痛(肩こり頭痛)の治療と対策

 

▼現在位置 : 肩こり百科ホーム > 肩こりと頭痛について

緊張型頭痛(肩こり頭痛)の治療と対策

頭痛のなかでも最も多いタイプの頭痛。「肩こり頭痛」「筋収縮性頭痛」とも言われるように、頭から首、肩にかけての筋肉が緊張し、血流が悪くなっておこる。その他、精神的なストレスも原因としてあげられる。

 

 

緊張型頭痛(肩こり頭痛)の「特徴」

「肩こり頭痛」「筋収縮性頭痛」とも呼ばれるほど、肩や首の筋肉の緊張によっておこる頭痛であり、頭痛の中でももっともおこりやすい頭痛のタイプ。

  • 肩こりや首の筋のこりを伴うことが多い。
  • ギリギリと頭をしめつけられるような痛みをうったえることが多いが、 ジワーッとした痛み、ドーンとした痛み、重い痛みを感じるなど、痛みの程度は、激痛から軽度のものまで様々。
  • いつとはなしに始まり、ダラダラと続く。(持続時間が長い)
  • 後頭部から首筋にかけて頭の両側に起こりやすい。
  • フワフワとしためまい・身体のだるさを伴うこともある。

 

緊張型頭痛(肩こり頭痛)の「原因」

「肩こり頭痛」「筋収縮性頭痛」とも言われるように、頭から首、肩にかけての筋肉が緊張し、血流が悪くなっておこる。

  • 長時間での同じ姿勢
  • 不良姿勢からくる筋肉の負担
  • 不安や心配事など、精神的なストレス
  • 一日中パソコンを使用することなどによる眼精疲労

 

緊張型頭痛(肩こり頭痛)の「治療」

  • 体操やストレッチ(※偏頭痛の場合は、体操を行ってはいけません。)
  • 身体的ストレスにおいては、筋肉をほぐし、血液の循環をよくする、筋弛緩薬や鎮痛薬
  • 精神的なストレスによる頭痛においては、軽い抗うつ薬や抗不安薬
  • ストレスを溜めやすい生活習慣を正す、ストレスコントロール
  • 姿勢を正す

 

自分でできる緊張型頭痛(肩こり頭痛)対策

  • 長時間おなじ姿勢をとらない。適度に休憩を入れ、カラダを動かす。 姿勢を時々入れ替える。
  • 肩こり体操肩こりストレッチを取り入れる(※偏頭痛の場合は、体操を行ってはいけません。)
  • 精神的なストレスをためない
  • 姿勢を正す
  • 歯のかみ合わせ、眼鏡やコンタクトレンズを調整する
  • 高さが不適切な枕などを調整する。

 

"緊張型頭痛(肩こり頭痛)の治療と対策"へ寄せられた情報

 私はデスクワークで毎日パソコンと向き合っての仕事です。

休みの日になると必ず、緊張が解けて頭痛・肩こり(首から肩にかけて)・吐き気の3点セットになります。

これになると、まず匂いが一切ダメです。 香水・タバコはもちろん酷いときは自分の髪のシャンプーの匂いまでがダメで吐き気がします。

■情報提供者 : rabo さん

 私の仕事は建築関係の設計のため、毎日パソコンに向かい、歩くのは事務所の中と駐車場の車までの生活です。

6年前、同僚が病気で1ヶ月間会社を休んだため、2人分の仕事をこなしストレスが溜まっていたのだと思います。

同僚も復帰して1週間ぐらいしたとき、朝、会社に向かう車の中で、急に気分が悪くなりました。会社についてからは、立っているのも辛くなり、近くの病院へ自分で運転していきましたが、そこで頭痛が始まり立って居られなくなりました。

横になると頭痛は消え、起きると激しい頭痛が襲ってきました。首筋から耳の後ろ、頭頂部にかけ、脈と同じリズムでズキズキと激しい痛みでした。レントゲン撮影のときなど、我慢できず吐いてしまうほどでした。CTでも異常は無く、安静にしているように言われましたが、原因はわかりませんでした。

そこで、頭痛科外来のある病院を探し、受診したところ緊張型頭痛と診断されました。弛緩剤を処方され安静にしていましたが普通に起きられるようになるまで2週間掛かりました。

その間、眼科やマッサージ(頭痛であることを説明して)に通いましたが、仕事から離れて安静にしていることが1番良かったかもしれません。

頭痛になって初めて自分が肩こりになりやすい体質だったことに気づきました。また、頭にも沢山の筋肉があるそうなので、シャンプーのときなどついでに頭のマーサージをしています。

大事なのは、自分の体から発してくるサインに気づけるかだと思います。

私は肩こりが持病と気づいていませんでした。皆さんも肩こりが頭痛になる前に、肩の力を抜いて(自分では抜いているつもりでも結構、力入ってますよ)リラックス。

■情報提供者 : shima さん

 私は工場でのライン作業の仕事をしていました。休憩時間以外は長時間同じ体勢で終了時間の頃には顔を上げるのも痛いくらいの生活を続けていました。

今までは肩こりも首こりもなかったのですが、その仕事に就いてからはほんとにつらかったです。頭痛も肩こりも首こりもひどくなりそれからは病院を転々と変わりCTも撮っていただきました。

緊張型頭痛と分かってからは、ひどい時は筋弛緩剤を飲んでいます。

仕事の休憩時間には、少しだけでもストレッチをするとか、ぬるめのお風呂に長めにつかってみるとか血流をよくすることが大切だと思います。

■情報提供者 : mami さん

私も緊張型頭痛と診断されました。

パートの合間、1日中パソコンにしがみついている状態でぎっくり腰も併発しました。急な動作でズキーンとした頭痛めまい吐き気に襲われました。

最も堪えたのが音です。ゴルフボールのカーンという音で頭が割れそうになり、耳栓をしても効果はありませんでした。

1週間ほどの薬の服用で治りつつありますが、運動不足の恐ろしさを思い知らされました。

■情報提供者 : popuri さん

57歳になる男性です。若い頃から病気知らずで、体はいたって健康でした。取材に向かうため長時間にわたる運転、終日のPC作業、渓流での写真撮影、徹夜もなんなくこなして、腰痛も肩こりも知らない体でした。週に2,3度はウェイトトレーニングを欠かさず、ウォーキングも2時間ほどやってます。渓流釣り、キャンプ、スキーなどを趣味として、自分ではストレスも感じないと思っていましたが・・・

2009年10月18日のこと。特になにとしたわけでもないのに、ズキーンと激しい頭痛に襲われました。寝違えたかな?と思って、そのときは市販の塗り薬を塗りこんで、渓流の釣りに出かけました。ところが、痛みはどんどんひどくなり、なんとか1日を終え、自宅に帰って寝ました。幸いなことに、睡眠は問題なく、横になっていると頭痛はウソのように消えてしまいます。ところが、翌日、起き上がると同時に再び頭痛が!

吐き気もあり、体を動かすのが億劫で、近くの整形外科に行きレントゲンを撮ると頚椎の一部が少しつぶれているということですが、これは原因ではないといわれ、牽引を指示されました。不安は解消されないので、神経外科を訪れ、念のためMRIを撮ることになりました。脳と頚椎を撮影しましたが、脳は異常なし。頚椎はやはりちょっとヘルニア気味だが、年齢的なものもあるし、これが原因とは思えないという診断。血液検査もまったく正常。緊張型頭痛と診断され、筋肉を和らげる薬と頭痛薬と胃薬をもらい、服用を始めて症状は回復に向かいましたが、薬の副作用で体に力が入らず、フワフワした感覚が不快でした。

2週間ほどして服用をやめ、激しい頭痛は治りましたが、ときどき鈍い痛みがあり、以前のような体調には戻っていません。一月ぶりくらいにジムトレーニングやウォーキングを再開しましたが、以前のようなパフォーマンスが出ません。カイロとマッサージは効果があるので、これで少しずつ治してゆくほかありません。

整体の先生に、左右のバランスの悪さと猫背を指摘されました。週に2度ほど整体を受けています。

12年にわたって鍛えた筋肉質な体型で、肩こりなどはまったく気にしたことがありませんでしたが、年齢には勝てないということでしょうか・・それにしても、不思議です。

■情報提供者 : NAO さん

オーストラリアに在住3年目の専業主婦。3ヶ月前に仕事を辞めて、結婚、引越し、ビザの申請。この16年美容師として忙しく働きこんな3ヶ月も無職は初めて。自分でも健康には自信があった。

この2年風邪もひかずもちろん常用の薬もなく突然の頭痛! 2日酔いぐらいに思っていたが治らず、鎮痛剤を主人にすすめられ飲むが次の日もその次の日も朝ベッドから起き上がると脈打つような頭痛横になっていると痛みはない

病気知らずな為どこかが痛くなると急に弱気、不安になる。マッサージしていいものか? 冷やして良いのか? 温めるものか??おまけに海外 どうして良いのか分からず。ビザのストレスがこの2年大きくあり、先週ビザが降りホッとした矢先と運動不足もあり食事も大きい。主人はほぼ野菜を食べない典型的なオーストラリア人の食事スタイル。野菜中心を心がけてるが、どうしても彼の好む食事が多くなると私の野菜不足問題 適度な運動、サプリメントの摂取など考え中。

■情報提供者 : nozomi さん

24歳男性です。大学院で研究をしていますが、ストレスが原因で自律神経失調症になり緊張型頭痛の症状だけ残っています。

午前中は朝のスーパーの品だし(3時間半の休みなし立ち作業)、午後は大学での研究でパソコンでのデスクワーク、今思うと想像以上に体に負荷をかけ、休む暇もないような生活をしていたことに気がつかせられます。

筋弛緩作用のあるデパスを頭痛時に飲んで鎮めている生活が、ここのところ毎日続いています。

最近は鍼マッサージや、夜の温めの入浴、肩・頸の体操などを適度に取り入れ、負担のかかっていたアルバイトも近々辞める予定です。

父から自律神経失調症で頸を引っ張ってもらったら、頭痛が楽になったという話を聞いたので、一度、肩・頸筋のレントゲンを撮りに行ってきて歪んでいたら、整骨院に行ってこようかと思います。

■情報提供者 : Y.Ti さん

もう3年半 緊張性頭痛?に苦しんでいます。

どこの病院、大学の診療科目でも明確な改善は得られずにここまで来ています。

今では仕事他何をするにも気力が沸かず苦しい日々です、時折す〜っと頭痛が(痛いというより後頭部を締めつけられる苦しさと、精神的に負荷が掛かりきつい時は脳に血液が流れて行かない感じ!)感じられず、あ〜〜痛みの無い感覚ってなんて心地よいのだろう!と思う時がたま〜〜にありますが、直ぐに症状は復活(笑&涙)。

治療対策

  • 精神科=>筋弛緩剤と鬱病でも使う薬=>非常に不快で直ぐ中止
  • 脳外科=>MRI CT 特に異常は認められない
  • 整形外科=>頚椎、脊髄に加齢(60才)による若干の狭窄はあるが特に問題とは思えない。
  • 針治療=>良くなっているかもと言う程度

最近はもう諦め状態で、救いは何とか睡眠時は忘れていることかな。しかし起きた瞬間にど〜〜っとヘルメットをかぶっているような圧迫感と苦しさが襲ってくる、これが原因?トリガー?になってほかのところも問題が出ているが、検査では特に問題点が出ない!ふ〜〜っつ そろそろ心が折れそうな苦しい日々です。

■情報提供者 : N43 さん

私は、緊張性頭痛・偏頭痛を両方持っています。

緊張性頭痛の時は、ミオナール50mg錠と、デパス0.5mgを服用すると、良くなります。

偏頭痛時は、痛いかな?と思ったら直ぐにイミグランを飲みます。飲むタイミングが遅くなればなるほど薬は何錠飲んでも効きません。暗く静かな部屋で、ひたすら治るのを待ちます。常に常備薬としてバックに入れ持ち歩いています。どちらも、服用するタイミングが大事みたいです。

因みに、偏頭痛は、神経内科の領域です。緊張性頭痛に関しても診てもらえます。

■情報提供者 :あにぃ さん

私の甥の話ですが、ここ4ヶ月ほど「肩こり・頭痛・首の後ろが重い」という症状になり、毎日苦しい思いをしていました。

それが突然いい方向に向きました。

いまのところ原因と思われるのが「下あごのズレ」ということです。

歯科医院で歯科矯正を行った次の日から朝の痛みはなくなったとのこと。

ここまでほぼ皆さんと同じですべての科目で診療しましたが全くだめでした。

今日(3/31)の話です。

■情報提供者 :sorimatu さん

私は高校生の頃から頭痛があり、酷い時には吐き気が伴います。

特に最近は寝てて起きた時に頭痛が来ます。これが一番辛い。

病院に行きましたら、首の骨が真っ直ぐらしく、普通は少し曲がっているそうです。(ストレートネック)

それが原因と言われました。

これは治らないらしく筋肉を柔らかくする薬を頂きましたが痛みは減らず、今度違う病院に行く予定です。

今の所、ノーシンの頭痛薬かロキソニンで誤魔化してます。

が、痛くなって飲むので効くまでが長いかな。

■情報提供者 :さつき さん

今月の最初から肩こりがすごくて、肩甲骨〜首にかけてめっちゃ痛かったんです。

そしたら三日後の一時間目の授業の終わりに頭がふわふわして、「やばいなー」って思ったら、友達に「顔白いで?」と言われて、「あっ、貧血なんかな?」と思いました。でも吐き気もしてきたので、その子に保健室までつれていってもらいました。

とにかく目を休める事!!生活習慣を大切に保つ事だと思います〜!!

■情報提供者 :あきちゅん さん

緊張型頭痛(肩こり頭痛)の治療と対策。

今から7年前ですが、緊張性頭痛に悩まされました。私の場合は数時間おきにやってくる激痛がとてもひどく、後で調べましたがその激痛は「痛みの王様」と呼ばれるものでそれはそれはとても痛いものでした。

最初に通院した病院、これが運の悪い事に藪医者でして薬を処方されたんですが一向に改善されませんでした。本当に藪医者で「そんな痛みは我慢しろ!」などと他人ごとのように言う始末でした。その時に処方されたのは、痛み止めと、てんかん予防の薬でした。その薬は全く効かず、改善されませんでした。

これはもう病院を変えるしかないともう一つの神経内科を通院することにしました。そこの病院で処方されたのは、緊張を和らげる薬とビタミンB12でした。飲んで数日で効果が表れて一週間と経たないうちに完治しました。特にビタミンB12は劇的に効果が表れて、まるでどんよりとした天気が一転春風を誘う、すがすがしい天気になったような感じでした。

私の場合はビタミンB12が効果的だったようです。
ビタミンB12は薬品ではありませんから、緊張性頭痛にお悩みの方で一度試されては如何でしょうか。

■情報提供者 :通りすがり さん

 

掲示板へ寄せられた質問と回答例

掲示板によせられた「緊張型頭痛(肩こり頭痛)の治療と対策」に関する質問と回答です。

直接、お体を拝見しての回答ではありませんので、あくまでも、「アドバイス」「参考情報」としてとらえて下さい。

・ 目の奥から来る頭痛と肩こり

・ 目の奥が痛い(緊張性頭痛)

 

プレミアムピックアップ

※ 注意 

自己判断は禁物。中には「放っておくと危険な頭痛」のように、生命の危険にかかわる病気が関係していることもあります。 いつもと違うと感じたら病院で医師の診断をうけましょう。

肩こりストレッチ

肩こり体操

▼現在位置 : 肩こり百科ホーム > 肩こりと頭痛について

緊張型頭痛(肩こり頭痛)の治療と対策

サイトマップ

このページ「緊張型頭痛(肩こり頭痛)の治療と対策」へ情報を付け足す。

肩こり百科では、「緊張型頭痛(肩こり頭痛)の治療と対策」に関連した情報を募集しております。

どんな小さなことでもかまいません、関連情報をお持ちの方、ご協力をお願い致します。

※印は入力必須です


お名前  一般の方はハンドルネーム(ニックネーム)でもかまいません

E-mailアドレス 「半角英数字で記入/PCで確認できるメールアドレス推奨」

E-mailアドレス 「確認の為、もう一度ご記入下さい。」

投稿内容ご記入欄

▼ 以下、店舗・施設をお持ちの方、企業様、よろしければはご記入下さい。
一般の方で必要と思われる方はご記入下さい。

URL(お持ちの方)

店舗名・会社名


控えを送る(自分あてに控えを送る)


 

 四十肩の予防解消・五十肩の予防解消のことなら 「四十肩・五十肩の勘所」

腰痛治療 病院医療院検索 腰痛体操/ストレッチ「腰痛ナビ」 よくわかる!椎間板ヘルニアの勘どころ 医療/健康 求人情報 肩こりからくる頭痛・めまい、家庭で出来るマッサージ/体操「肩こり百科」 「四十肩・五十肩の勘所」

 

社会的意義あるWebサイトの創造 サニーデイ
(C) Management-start form April,2006  サニーデイ.