肩こり百科

  肩こり百科ホーム 自分にあった眼鏡・コンタクトレンズを!

 

▼現在位置 : 肩こり百科ホーム > 肩こりの予防・解消のために

自分にあった眼鏡・コンタクトレンズを!

度数が合わない、調整不良の眼鏡やコンタクトレンズを使用していると、「血行障害」「不良姿勢」のもとになり、肩こりの原因になります。定期的に視力検査を受け、自分にあった眼鏡・コンタクトレンズを使用しましょう。

 

見えづらい・・・ と、思ったら、眼鏡、コンタクトレンズの調整を!

眼鏡やコンタクトレンズは、作ってしまうと壊れるまで何年も同じものを使用してしまう人が多いのではないでしょうか?

しかし、度数があわなかったり、調整不良の眼鏡やコンタクトレンズを使用していると、目周辺の筋肉の負担が増え、眼精疲労を起こすばかりでなく、さらには首・肩周辺の血行障害を引き起こし肩こりや頭痛を生じさせます。

又、これら調整不良の眼鏡やコンタクトレンズは「不良姿勢」をも生み出し、肩こりの原因にもなるのです。

このことは、度数があわない(視力が上がらない)眼鏡やコンタクトレンズを使用している方の多くは、物が見えづらいため知らず知らずのうちに、あごを前に突き出し、物に顔を近づけて見るような不良姿勢を作り出すからです。

少しでも合わないな・・・と、思ったら、眼鏡の検査は健康保険もききますので、保険証を持って眼科でみてもらったり、信頼のおける眼鏡店で調整してもらうことをおすすめ致します。

 

自分にあった眼鏡とは? 

眼鏡は度数がきちんと合っているのはもちろんのこと、

  • 「掛け具合」
  • 「高さ」
  • 「レンズの角度」
  • 「目とレンズ間の距離」

などの調節が出来てから初めて「自分に合った眼鏡」ということができます。

眼鏡は購入した時点で調整が合っていても、使用するにしたがって少しずつ変形してきたり、衝撃などによって合わなくなってゆきます。

加えて老眼の方は進行が早いので、さらに注意が必要になります。 

 

掲示板へ寄せられた質問と回答例

掲示板によせられた「眼鏡・コンタクトレンズ」に関する質問と回答です。

直接、お体を拝見しての回答ではありませんので、あくまでも、「アドバイス」「参考情報」としてとらえて下さい。

・ 視力と肩こりの関係は?

プレミアムピックアップ

▼現在位置 : 肩こり百科ホーム > 肩こりの予防・解消のために

自分にあった眼鏡・コンタクトレンズを!

サイトマップ

このページ「自分にあった眼鏡・コンタクトレンズを!」へ情報を付け足す。

肩こり百科では、「自分にあった眼鏡・コンタクトレンズを!」に関連した情報を募集しております。

どんな小さなことでもかまいません、関連情報をお持ちの方、ご協力をお願い致します。

※印は入力必須です


お名前  一般の方はハンドルネーム(ニックネーム)でもかまいません

E-mailアドレス 「半角英数字で記入/PCで確認できるメールアドレス推奨」

E-mailアドレス 「確認の為、もう一度ご記入下さい。」

投稿内容ご記入欄

▼ 以下、店舗・施設をお持ちの方、企業様、よろしければはご記入下さい。
   一般の方で必要と思われる方はご記入下さい。

URL(お持ちの方)

店舗名・会社名


控えを送る(自分あてに控えを送る)


     

 

 四十肩の症状・五十肩の症状のことなら 「四十肩・五十肩の勘所」

腰痛治療 病院医療院検索 腰痛体操/ストレッチ「腰痛ナビ」 よくわかる!椎間板ヘルニアの勘どころ 医療/健康 求人情報 肩こりからくる頭痛・めまい、家庭で出来るマッサージ/体操「肩こり百科」 「四十肩・五十肩の勘所」

 

社会的意義あるWebサイトの創造 サニーデイ
(C) Management-start form April,2006  サニーデイ.