肩こり百科

  肩こり百科ホーム 正しい姿勢の基本

 

▼現在位置 : 肩こり百科ホーム > 肩こりの予防・解消のために

正しい姿勢の基本

背骨のS字カーブを意識しながら、正しい姿勢の基本である「立ち姿勢」を学んでゆきます。 意識しなくても正しい姿勢が崩れないよう、根気良く続けてゆくことが大切です。又、正しい姿勢を意識するあまり、カラダを反らしすぎたりしてはいけない点に注意しながら、正しい姿勢を身につけてゆくことがポイントです。

 

正しい姿勢の基本  背骨のS字カーブを意識して立ってみよう

生活習慣と環境を改善して、肩こり解消!」にて、病気が原因でない肩こりの多くは、「筋肉の疲労によるもの」が、原因としてあげられ、それをひき起こすものに「不良姿勢」と「運動不足が」があると述べました。

「正しい姿勢」とは、人間の最も自然な姿勢である、「背骨のS字カーブ」を意識することことです。

ここで正しい姿勢のポイントを覚え、意識しなくても正しい姿勢がとれるようになるまで、根気良く続けてみてください。

 

正しい姿勢、ここに注意!

正しい姿勢を意識するあまり、カラダを反らしすぎてしまう人を多くみかけます。これは、自然な姿勢といえるものではなく、正しい姿勢とはいえません。

正しい背骨のS字カーブが描かれているかのチェックポイントは、鏡でカラダを横から見て、

「耳の穴」→「肩の中央」→「くるぶし」を、結んだ線が、一直線になっているかが目安です。

あと、見えない糸で頭のてっぺんから、カラダが釣られているイメージを思い浮かべても良いでしょう。

 

正しい姿勢

 

"正しい姿勢の基本"へ寄せられた情報

自分で正しくしたつもりでも、正しくなってないことが多い姿勢。  一番良いのは誰かに確認してもらいながらすることです。

また、姿勢を正すコツとして、「胸をはるのではなく、みぞおちを前に出す練習」をしてみてください。

なれないうちは両手の甲を背中の肩甲骨の下あたりに当てて押すようにしてみてください。

そうすれば、見た目に美しく、正しい姿勢に近づく手助けになります。

■情報提供者 :RYUカイロプラクティックオフィス(冨田整骨院)  院長 冨田竜史 先生

 

掲示板へ寄せられた質問と回答例

掲示板によせられた「正しい姿勢の基本」に関する質問と回答です。

直接、お体を拝見しての回答ではありませんので、あくまでも、「アドバイス」「参考情報」としてとらえて下さい。

・ 肩こりに効果的な対策や予防法を教えて下さい

・ 左右の足の長さと肩こり

・ ストレートネック。姿勢を正す以外に治療法はありますか。

関連情報

【 仕事中の正しい姿勢(デスクワーク編) 】 【 肩・首に負担のかからな運転姿勢 】 

【 背骨を歪ませる日常生活の座りぐせ 】

 

プレミアムピックアップ

▼現在位置 : 肩こり百科ホーム > 肩こりの予防・解消のために

正しい姿勢の基本

サイトマップ

このページ「正しい姿勢の基本」へ情報を付け足す。

肩こり百科では、「正しい姿勢の基本」に関連した情報を募集しております。

どんな小さなことでもかまいません、関連情報をお持ちの方、ご協力をお願い致します。

※印は入力必須です


お名前  一般の方はハンドルネーム(ニックネーム)でもかまいません

E-mailアドレス 「半角英数字で記入/PCで確認できるメールアドレス推奨」

E-mailアドレス 「確認の為、もう一度ご記入下さい。」

投稿内容ご記入欄

▼ 以下、店舗・施設をお持ちの方、企業様、よろしければはご記入下さい。
   一般の方で必要と思われる方はご記入下さい。

URL(お持ちの方)

店舗名・会社名


控えを送る(自分あてに控えを送る)


     

 

 四十肩の治療法・五十肩の治療法のことなら 「四十肩・五十肩の勘所」

腰痛治療 病院医療院検索 腰痛体操/ストレッチ「腰痛ナビ」 よくわかる!椎間板ヘルニアの勘どころ 医療/健康 求人情報 肩こりからくる頭痛・めまい、家庭で出来るマッサージ/体操「肩こり百科」 「四十肩・五十肩の勘所」

 

社会的意義あるWebサイトの創造 サニーデイ
(C) Management-start form April,2006  サニーデイ.